学資保険ちびっこライフの「元本割れ問題」が和解

投稿者: keisufukuoka

住友生命が以前まで販売していた学資保険「ちびっこライフ」に関する和解が成立したということです。
この、学資保険による元本割れ問題は2000年代前半からくすぶっていましたがようやく和解になったといえるわけですね。住友生命側は差額を支払う形になるそうです。

生命保険による利回りの保障については予定利率が固定のもの予定利率が変動するものがあります。

完全に予定利率が固定されるタイプなら当時の高い利回りで運用され続ける形になるのでお得なのですが、変動タイプだとその後市場情勢が悪化した場合は運用水準が悪くなってしまうわけです。

もっとも、市場状況がもっと良くなれば収益性も上昇するわけですので、一概に変動タイプが悪いというわけではありませんが、今回の問題はその説明が無かったということ。

変動タイプだと利回りが小さくなってしまうと、保障が手厚いタイプの学資保険だと元本割れになるケースもあるわけです。予定利率については「生命保険と予定利率」が参考になるかと思います。

直近では、予定利率も相当下がっています。昔の学資保険のように保障機能もプラスしてしまうとどうしても保険料に占める保障部分(非貯蓄部分)が大きくなってしまい、収益性が低下します。
昔は子供が生まれたら学資保険!という風潮もありましたが「こども保険や学資保険のしくみ」などで指摘されるように、今では貯蓄性に関していえばほとんど期待できない商品となっているといえそうです。

 

 

広告