おじいちゃん、おばあちゃんからの教育資金の贈与

投稿者: keisufukuoka

身内でこの話題がネタになったので、まとめも兼ねてエントリーします。今年から祖父母から孫に対する教育資金に対する非課税措置が設置され、信託銀行等を利用した「教育資金贈与信託」などを利用すれば最大で1500万円(孫1名あたり)までが非課税で贈与できるわけです。

詳しくは「教育資金の贈与が非課税となる教育資金贈与信託」などのまとめもご参照ください。

とりあえず、以下のチェック項目でイエスな人この制度を使うメリットがありそうです。

  1. 孫が30歳までに教育資金として使いきれる金額である
  2. そもそも贈与者(おじいちゃんなど)が無くなった時に相続税が発生する

まず、この贈与は30歳までに使いきるという前提があります。しかも、利用用途は教育費のみ。
子育て費用とマネープランによると学費だけで1500万円を使うには全部私立学校に通わせるなどがないと使いきるのは難しいと言えるでしょう。語学学校などの月謝等も教育費には含まれますが、本来必要なものを使うべきなので、消費のための消費をするのは間違いでしょう。

しっかりと考えた上で必要な額だけを贈与するようにしましょう。

 

もう一つは、そもそもおじいちゃんおばあちゃんが死亡した時に相続税がかかるか?という点。
これについては2015年から相続税の課税強化が行われるので、課税対象となる人も増えると想定されています。

例えば法定相続人が2人というケースでは4200万円以上の相続財産があれば相続税が発生することになります。相続財産には不動産も当然含まれるので、自宅持ちの方で一定以上の資産がある人は課税される可能性もあります。
これに引っかかる人はあらかじめ教育資金贈与をしておき、相続財産を減らすことで相続税の対象から外れることが可能になります。

ただし、相続税に関する節税に関しては様々なスキームが用意されています。たとえば生命保険を使うのも一つ。保険金は法定相続人×500万円までは非課税になるので、あえて生命保険に入っておくことでその分だけを相続財産から除外できます。

詳しくは「保険金と相続財産について」「死亡保険金と税金、相続税」などが参考になるかと思います。

 

以上です。

 

広告