投資のプロと販売のプロ、証券会社や銀行は真の相談相手ではない

投稿者: keisufukuoka

資産運用や投資で迷った時の相談相手。

証券会社や銀行窓口を頼る方も多いかもしれません。しかし、これらの営業マンや窓口はあくまでも金融商品の「販売のプロ」であって、運用をアドバイスしたりサポートする相談相手や資産運用のやり方を教えてくれる講師ではありません。

投資信託を銀行や証券会社の窓口で買うメリット、デメリット
などでも紹介されている通り、窓口で金融商品を買おうとすると大抵はコストの高い商品などを売りつけられる羽目になってしまいます。「証券会社の営業マンのお客様に対する考え方」などでも書かれている通り、彼らは販売のプロなんですね。

よく、資産管理課とかコンサルティング課とかいったようにさも投資家(運用者)の味方ですよ。みたいな書き方をしていることが多いですが、そういった営業マンのどれほどがお客様の方向を向いているか疑問です。
ほとんど会社(上司)の方向を向いているはずです。

 

ちなみに、私の知っている某証券の証券マンはかなりの浪費家で高給取りにもかかわらず複数の消費者金融でつまんでいます(金を借りています)。こういう人に将来のライフプランを考えた投資を・・・。と言われても全然響きません。

とはいっても、相談相手ってどこにいるんだろうといわれると疑問です。独立FPも浮かびますが、かれらの中には保険会社の手先になっているものも多いし、投資となるとインデックス運用くらいしか言わないんですよね。

結局、金融や投資って自分で勉強するしかないのかもしれません。

広告