クレジットカードは賢く使えば便利だけど愚かに使うと将来苦労する

投稿者: keisufukuoka

クレジットカードは使うことでポイントがたまったり、優待価格で商品が購入できたり、割引が利用できたりと色々な「お得」があるアイテムです。上手に使えば得をすることができますが、下手に使うと将来大きな負担をおったり、損をすることもあります。

まず、お得というのはポイントや割引、優待などが挙げられます。
たとえば「クレジットカードポイント活用ガイド」でも紹介されていますが、ECであれば、利用で数%以上の実質的な割引を受けることができます。

その一方で注意したいのが、利息と滞納です。
まず、クレジットカードは一回払いの場合、金利はかかりませんが、分割払いやリボ払いなど複数回に分けて返済する場合には金利(手数料)がかかります。これは年利にするとおよそ15%程度で預金金利などと比較して相当高額です。

こんな利息を支払っていては、ポイントによる優待なんて一瞬で消えてしまいます。
その中でも「リボ払い」などは負担が大きいので有識者からは毎度のように注意喚起されています。
(参考: 実は危険な「リボ払い」。リボ払い利用の問題点

また、もう一つの問題は滞納です。滞納してしまうと状況によってはいわゆる「ブラックリスト」に登録されてしまいます。
このブラックリストというのは厄介で、その会社だけでなく、あらゆる与信に影響します。与信というのはお金を貸す審査という意味になります。

・クレジットカード
・キャッシング・カードローン
・住宅ローン
・教育ローン

など各種ローンを組む時、ブラックリストに載っていると絶望的といえます。これはいつ消えるのか?という点については「クレジット・ローンの事故情報(ブラックリスト)はいつ消える?確認は?」が詳しいので参考にしてもらいたいところですが、概ね5年は残ります。

その間はこうしたものが使えなくなるわけです。

広告