アメリカ人の貯金感覚、日本人の貯金感覚

投稿者: keisufukuoka

日経新聞で取り上げられていました。
アメリカ人の場合、あるアンケートによると長期資金の預け先として「預金」を選んだ人はわずか14%だったということが話題になっています。一方の日本の場合、同様のアンケートではありませんが、日本の金融資産の55%は現預金。投資性の資産(株、債券、投信)は合計しても約10%程度とアメリカと反対のような動きになっています。

「貯蓄から投資」という言葉はもう何年も前から言われています。
参考:「貯蓄から投資へ」の理由、意味、必要性

それを勧めるために、手数料の自由化、税制面での優遇など様々な対応が行われきました。すそ野は多少広がっていますが、今でも株や投資というのが一般的になっているかといわれるとまだ広がりは小さいように思います。

ちなみに、アメリカでの運用の人気は「不動産」、次いで「株」、「金」、「預貯金」、「債券」という順だそうです。

不動産ってはちょっと意外ですが、リーマンショック以降で不動産市況が回復が影響しているんでしょうか。

広告