JCBカードと楽天カード(JCB)の違い

投稿者: keisufukuoka

色々勉強してまして、そのまとめとして。

私の財布の中にはJCBカードと呼ばれるJCBが発行したクレジットカードと、楽天カード(JCB)という楽天カードという会社が発行するJCBのロゴが付いたカードがあるんです。

この違いについてちゃんと理解している人ってどれだけいるでしょうか?少なくとも私はちょっと前まで知りませんでした。今回はその違いを、自分の理解の再構築をかねまして記事にしたいと思います。

JCBは「カード会社」であると同時に「決済機関」でもある

まず、JCBは「国際ブランド」と呼ばれる、加盟店を通じて決済を行うシステムを提供している会社です。VISAやMASTER、アメックスなども同じですね。

国際ブランドはクレジットカードの決済機能と考えてください。

 

クレジットカードを発行するカード会社(イシュア・アクワイアラ)

そして、その決済機能とは別に、クレジットカードを発行する会社があります。これを専門用語では「イシュア」「アクワイアラ」というようです。この会社はカード利用者と契約してカードを発行し、国際ブランドの決済機能を借りて、加盟店に決済代金を支払い、利用者から利用代金を受け取ります。

このイシュアやアクワイアラがいわゆるカード会社で、表題の楽天カードはこのイシュア、アクワイアラにあたるわけです。ちなみに、何も書かれていないJCBカードというのは、JCBという国際ブランドが、イシュア・アクワイアラとしてカード会社としての業務も行っているということになるわけです。

 

国際ブランドによる違いとカード会社による違い

国際ブランド(カードに印字されているロゴ)は使える店の違い。
実際のクレジットカードのポイントとか特典ってのは発行されているカード会社によって違うというように考えて差しさわりが無いようです。

ちなみに、JCBカードを持っているのはクレヒスを積み上げて、いつかは「JCB the Class」というプラチナカードを持ってみたいと考えているからです。

ポイントの還元率とかを考えると圧倒的に楽天カードの方が魅力的ですので、基本的には楽天カードしか使っていないですけどね。

広告